口頭弁論・弁論準備手続

訴状

日時
令和元(2019)年7月18日

第1回口頭弁論

日時
令和元(2019)年9月13日

書面提出による擬制陳述。

第1回弁論準備手続

日時
令和元(2019)年11月19日 10:30
場所
奈良地方裁判所第205法廷ラウンドテーブル
出席者
原告代理人弁護士2名、被告代理人弁護士1名、被告

裁判官から原告代理人に対し、原告第1準備書面において、認否も反論も行わなかった犬の放し飼いと市道占拠の問題については、今後争点とせず主張を取り下げるということなのか確認があった。原告代理人は、犬の放し飼いと市道占拠については主張を保留しているにすぎず、今後この2点に関して本件記事中に存する虚偽記載を整理でき次第、改めて指摘する予定である旨説明した。また、原告代理人は、山林侵奪と水質汚濁の問題については、争点を原告第1準備書面で指摘した事項に絞ることを表明した。公益目的であることと公共性は争わず、真実性と真実相当性のみを争点とすることが、双方代理人及び裁判官の間で確認された。原告は、被告第1準備書面のほとんどの主張について認否を明らかにしなかったが、裁判官は被告に対し、現状では議論が噛み合っていないところ、今回原告により争点が絞られたので、原告第1準備書面で示された争点に沿って、真実性と真実相当性の区別を意識しつつ、改めて反論するよう求めた。反論に被告第1準備書面の繰り返しが含まれても問題ないとのことであった。